tanzaocom

-->

太呂

往年のスターたちが凄いんです!

5月19日ヘチ釣り

さぁ!今年も来ました。
年に一回の爆釣シーズン。
確か去年も同じようなバクバクがありました。



この時を迎えると、いてもたってもいられないというのはこの事であります。
このほんの束の間の楽園が終わると・・・いつも通り川崎新堤に戻っていきます。

この時期を知ってか知らずか、、、本日は黒鯛神の川崎新堤例会。
参加させていただきました。



凄い使い手が居並ぶ中、まず釣果を出したのが押谷君。

凄ぇ〜カッケー

往年のスターたちが凄いんです!


オイラもひんぱんにアタリがあるものの、ハリ掛かりせず悪戦苦闘の後、
ようやく釣果を得ることができました。

往年のスターたちが凄いんです!
撮影:新澤 博人氏(誰?!)



往年のスターたちが凄いんです!




往年のスターたちが凄いんです!

何とか4つ釣れました。
2週連続川崎新堤五番会で竿頭〜
って、喜んでいる場合ではございやせん・・・



何と!黒鯛神の川崎新堤例会を征したのが、
郡さん。10枚
伊藤さんが、2位
山下会長が、4位だったかな? 正式には、5位(後日修正)

往年のスターたちが凄いんです!

この釣りの凄いコトは、お年を召されても腕が落ちないこと。
つーか、、、磨きをさらにかけてるし。

頭が下がります。
引退の2文字は絶対に無いと確信した日でありました。

はい。



新【 黒鯛神ホームページ 】

釣りに行かしてもらうために・・・
せっせと家族サービス。

今回は、オイラの本格カリーなのだ。

見た目は悪いけど、、、
香辛料から練り上げた逸品です。

往年のスターたちが凄いんです!

これで難なく釣行をゲット!!
良かった良かった。

往年のスターたちが凄いんです!





特大の孔雀サボテンが、咲きました。
今年は、10個以上の蕾があります。
芸術品ですね。

往年のスターたちが凄いんです!


大好きな大好きなどくだみの花も日影に小さく咲いてくれました。
この花を見ていると、一篇の詩が書けそうです。

往年のスターたちが凄いんです!


版画教室2回目。
下絵を始めました。

往年のスターたちが凄いんです!



太呂

スーパー時合いに出会う

5月12日ヘチ釣り

日曜日の午後から川崎新堤に出社しました。

船着場は、真っ茶色に濁っています。
この濁りに期待したいのですが、沖に出ると海水が澄んでいることが多いので、ぬか喜びになることが多いです。


渡堤して午前中の状況を伺うと、早ちゃんが年無しを続けて2尾もゲットする偉業をやってのけていました!


片や一万円さんは、アタリは取るもののタモ入れまでに行かない状況らしい。





早速釣り始めると「ガッチャマンの火の鳥」の様な真っ赤に燃えたナオさんと遭遇・・・。

「今ここでアタリましたよ」と言いつつ、真っ赤な翼を広げて4番方向へ去って行きました。



何気に「そうなんだ、ここでアタリがあったんだ」ぐらいの気持ちで落とし込むと・・・
ん、、、
本当にアタリが・・・
でも、かかりません。

もう一度丹念に落とし込むと、乗ってきました。
今日の竿は、元径が9ミリのお手製和竿。
この極細和竿が、満月を描きながら水面に黒鯛を上げてきました。


早速、タモを急降下!
何と!タモアタック!

やってしまいました。(泣)
自らの手で、クロダイ放流してしまった。


気を取り直して、また落とし込むとアタリが・・・!?
ようやくゲット。


スーパー時合いに出会う


撮影:早乙女君氏

その後も落とし込めばアタルという状況が続きまして、、、

スーパー時合い。確変モードに!!

スーパー時合いに出会う

スーパー時合いに出会う

バラシ、すっぽ抜け、引き込みアタリなどを繰り返し、、、
タモ入れできたのは、3つだけ。


嬉しい嬉しい釣果になりました。
近くにいた上村さんもお見事な釣果。

2人でスーパー時合いを堪能しました。





祭りの後は、いつでも淋しいもので・・・

いつもと変わらぬ川崎新堤に戻りました。
まぁ、これが普通の景色ですよね。



最後にどでかいカンダイを釣った上村さん。
深ダナで引き込んできたようです。

スーパー時合いに出会う




科学忍法火の鳥と化した、真っ赤に燃えたナオさんですが・・・

終了間際に良型をゲットすることができました!!

良かった。良かった。

スーパー時合いに出会う


自宅に戻り、独り祝杯。そして、独り反省会。
この時間帯がたまらないですね。

スーパー時合いに出会う


ヒメヒオウギが、咲きましたよ。

スーパー時合いに出会う


トキワツユクサ(常磐露草)も幾何学的な花を咲かせています。

スーパー時合いに出会う




銅版画教室





今月から一月間、教室に通います。
以前からチャレンジしたかった銅版画。
横浜美術館でのワークショップ。

最高に楽しそうな時間がさらに増えますね。

銅版画教室



太呂

令和ゴールデンウィーク

5月06日ヘチ釣り

令和ゴールデンウィーク!

5月3日

実に長い長い連休が続いています。
日本人はこんなに長い時間お仕事しなくても良いのでしょうか?と、いいたくなる感がある連休です。単なるお仕事したくない役人のための休日のような気がしています。

さて、

令和に入り、まず見事な釣果を題したのは長嶺さん。
なんと!!!
令和元年初釣果。
第一投目。
お手製の和竿初おろしで入魂。


という何ともメデタイ釣果でありました。

令和ゴールデンウィーク



この日は、我が川崎新堤黒鯛釣り倶楽部会長の渡辺さんも絶好釣!
頭が下がります。

令和ゴールデンウィーク


ボーズが続いていたオイラでしたが、令和元年初釣果をいただきました。
動画を撮影してくれたのは、早乙女君。

オイラのやり取りの最中に走って近づいて来た渡辺会長・・・
「外れろ!!」
「頑張れクロダイ!」
の嬉しい声援を受け無事に獲れましたぁ。

早乙女氏撮影





5月4日

本日は、渡辺会長のお誕生日

黒友会の郡さんとの熱い抱擁がありました。
(閲覧注意・・・)

令和ゴールデンウィーク





あまり記憶が無いのですが、、、
(苦)


古田さんが、見事な釣果をあげました。

令和ゴールデンウィーク







カンダイを持ち帰って、早速お料理。
煮付けのカンダイは、最高の美味でございます。

令和ゴールデンウィーク



さらに、昨日の黒鯛の刺身もいただきまして。

一日置くとさらに旨みが増しますね。

令和ゴールデンウィーク





この夜は、バナナ団の尾張屋さんから送られてきた
ホンモロコをいただいたのであります!!

令和ゴールデンウィーク



塩焼きにしたホンモロコは、絶品!!!
一度釣ってみたい淡水魚です。

令和ゴールデンウィーク







5月6日



連休最終日です。


天気予報は、南風ブンブン!!

これは、川崎新堤に行きなさいという暗号です。

期待に胸が張り裂けそうです。
(嘘)


令和ゴールデンウィーク





早速、開始5分もしないうちに松本氏ゲット!!
最近、神がかってきましたね。

令和ゴールデンウィーク
登坂氏:撮影





渡辺会長は、本日3枚の好釣果!!

令和ゴールデンウィーク
松本氏:撮影






お仕事で忙しい、お久しぶりの田中御大も軽〜〜くゲット!!

令和ゴールデンウィーク
松本氏:撮影







オイラも何とか仕留められました。

令和ゴールデンウィーク



川崎新堤に行きなさいという暗号ですが、、、
潮が澄んでしまい・・・
嘘の暗号だったようです。

残念。



我が家の春は、真っ盛りです。

バイカウツギ(梅花空木)

令和ゴールデンウィーク


大輪ツツジ(鹿児島産の珍しいツツジ)

令和ゴールデンウィーク



ミツデイワガサ(三ツ手岩傘)

令和ゴールデンウィーク



大輪バイカカラマツ(大輪梅花唐松)

令和ゴールデンウィーク



紅花ツクバネウツギ(紅花衝羽空木)

令和ゴールデンウィーク



斑入り白花シラン

令和ゴールデンウィーク



ヒメウツギ(姫卯木)

令和ゴールデンウィーク



雑草だけど、、、イヌホウズキ(バカナスビ|有毒)

令和ゴールデンウィーク



チェリセージのミルクセーキ

令和ゴールデンウィーク











何といっても育てるのにもう何年もかかってた
霧島のミヤマキリシマ

ようやくたくさんの花をつけてくれました。

令和ゴールデンウィーク



小さな可愛い花が特徴です。

令和ゴールデンウィーク







義母の朝顔を植えました。
彼女が遺して早24年。
この朝顔が何年も紡いでいます。

令和ゴールデンウィーク


太呂

明けましてと春がきた

4月20日ヘチ釣り

ようやく執念の春がきました!

明けましてと春がきた

やっとやっと、、、やっとのことで、
釣果がでました。

今日もまったくダメだと思って諦めていたのですが、、、
何とか午後になって釣果を得ることができました。




ほっとしております。



ターゲットは、タナに居ると思い午前中からずっと二ヒロまで
5番から6番を回り、
そして、4番とじっくり攻めたのですが・・・
全くアタらずに終わり。


午後になってもダメダメな状況が続きました。



試しに底を狙った途端にツブが潰されており、
心して探ったところ、喰ってきました。

明けましてと春がきた




本日は、黒鯛サロンのメンバーが五人も揃っております。
プチ「黒サロ杯」の様相を呈しております。



明けましてと春がきた


そして、メンバー全員が釣果を出してくれました。
やっぱりみんな凄いですね!!

明けましてと春がきた



明けましてと春がきた



クロダイの空気抜きの技をダメ磯の押川さんが見せてくれました。
釣り上げて、ぷかぷか浮いているクロダイも
こうして空気を抜いて上げればまた元気に海に戻ってくれます。



今まで失敗続きでしたが、今回はちゃんと空気を抜いてくれました。



我が家では、春がそこかしこに訪れています。

エビネがその不思議なカタチをこの春も見せてくれました。

明けましてと春がきた



雑草だけど、大好きなヒメジョオン。

明けましてと春がきた



青花シラン。

明けましてと春がきた



春先にしか咲いてくれない・・・
大輪梅花唐松(バイカカラマツ)

明けましてと春がきた


太呂

続、さすがにヤバイのである

4月20日ヘチ釣り

春未だ来ず・・・

川崎新堤も温かな陽気に包まれて、皆の顔が緩んでおります。
そんな中、温か陽気に包まれても未だ正月が来ていないのは

僕なのであります。
続、さすがにヤバイのである

今日こそは!という覚悟で挑みました。

そんな焦りと緊張とが交差する中で、釣り始めて早々に結果を出したのが、またもやお松であります。


松ちゃん!格好いい・・・



続、さすがにヤバイのである




続、さすがにヤバイのである

小憎たらしいほど、絶好釣なのです。


「タロさん!ツブですよ。ツブで喰ってきますよ。」と
お松に教えていただき、さっそく真似をしましたぁ!
(汗)

続、さすがにヤバイのである







真似はするものの、、、
まったくアタリもせず、、、
かすりもしません。






そんな、オイラが探った後で丸さんの竿が曲がり、
見事な連ちゃん。

立て続けに2枚です!

続、さすがにヤバイのである

① まる1


確かその場所は、オイラがつい先程探った場所・・・・


② まる2


丸さん僕が探った場所で、またもやゲット!
ううう、、(涙)














と、いうことで、、、

終日、アタリボーズを喰らいましたぁ!





あまりにも釣れない僕に優しい健さんが、
「たまには家族に黒鯛を食わしてやりな。今時期の黒鯛は本当に美味しいよ。」

と、勧められ。
「いや、最初の魚はオイラが釣った魚を食べさせてやりたい。」
抗うこともできず・・・
いただきました。

続、さすがにヤバイのである

見事なお刺身。
黒鯛臭さがなくて最高でした。

続、さすがにヤバイのである









おまけ・・・明けて日曜日





川崎新堤五番会で未だ春がきていないのは、
以下の3名。
小林さん、登坂さん、オイラ。




その小林さんから、お昼にメールが・・・
添付写真を見ると、

続、さすがにヤバイのである

ま、まさかの黒鯛。
クロダイ・・・




やられたぁ!!!!
と、全身から冷や汗が流れました!





が、後程詳細を聞くと、
川崎新堤2番での釣果。

残念!失格

[川崎新堤五番会規定、二条、第三項釣果認定エリア](嘘)に従って、
4番ポール向こうの釣果は認めらません。

よって、釣果無しと判定されました。
実際は、2番に降りたのでアウト!









首の皮一枚、何とか残った次第です。
次回、土曜日に必ず結果を出します!!



それにしてもオイラより熱かったのは、
ナオさんかな。
触ると火傷しそうな雰囲気でした。



我が家では、どんどん春がきています。

チェリーセイジ
続、さすがにヤバイのである


白色タツナミソウ。雑草なのにこの美しさ!
続、さすがにヤバイのである


天智天皇が「宜なるかな」と宣り給ふた
ムベも咲きました。
でも、今年も実はつけないだろうな。

続、さすがにヤバイのである


太呂

阿呆の(すなど)

4月13日ヘチ釣り

さすがにヤバイのである


終日快晴、やや寒し。

オイラ的には、ちゃちゃっとクロダイを釣って、
キャンプと山登りに備えたいところである。

既に野では、山菜が採れ始めており
春の苦菜を食するに極めて良い季節なのだ。


が、しかしである。
恋すれば恋するほど・・・恋は叶うことなく、
焦れば焦るほど・・・愛しい人は彼方へ去って行く。

つー、、、感じで。


完全アタリボーズを喰らってしまった。

(焦)



そんな状況の中にあって、1人息巻いていたのは
なんと、、、、

3枚釣ったお松。

正直、かないません・・・
魚の釣り方教えてください。


阿呆の漁り




渡辺会長のようにいつでも楽しい釣りをしたいものである。







4月14日ヘチ釣り

見事な返り討ちにあう


明けて日曜日。

竹岡氏来堤。天気総崩れ(嘘)
甚だ寒し。




寝ても覚めても、何とやら・・・
ツー感じで、午後から川崎新堤に出社。
頭から湯気がいきり立っているのであります。

午後からの四時間弱。
近年希にみる真面目さで落とし込みました。

結果・・・


アタリボーズを喰らう・・・

(激焦)




見事な釣果を出したのは、
竹岡氏と早ちゃん。

早ちゃんが、帰船上、妙にニコニコしていたのは釣果があったからであります。

阿呆の漁り



平静を保つように心がけているものの・・・
かなりヤバイ状況にあります。

いやほんと、、、山登りどころの騒ぎでは無い。
嗚呼、どうしよう・・・


阿呆の漁り


春爛漫です。

覚さんから頂いた寒椿が、見事な花を咲かせました。
が、咲いた早朝に強風と大雨に見舞われて、
武士が最も嫌ったと云う、首落としに見舞われた。
残念。

阿呆の漁り

白山吹が咲きました。

阿呆の漁り

台湾シュンランがようやく咲いた。

阿呆の漁り



白雪芥子は、儚いばかりの美しさ。
我が家は、春爛漫。

春がきていないのは、オイラだけ。

阿呆の漁り



この20日には、「百閒忌」

どうも世の中が春めく頃のなると、、、
あまりにも強い生命力を方々から感じてしまい
クラクラするのであります。

なので、、、
山にでも出かけて、静養するつもりでいたのです。

阿呆の漁り

でも、、、黒鯛のことを考えると、、、
焦ります。


太呂

阿呆の(すなど)

4月13日ヘチ釣り

さすがにヤバイのである


終日快晴、やや寒し。

オイラ的には、ちゃちゃっとクロダイを釣って、
キャンプと山登りに備えたいところである。

既に野では、山菜が採れ始めており
春の苦菜を食するに極めて良い季節なのだ。


が、しかしである。
恋すれば恋するほど・・・恋は叶うことなく、
焦れば焦るほど・・・愛しい人は彼方へ去って行く。

つー、、、感じで。


完全アタリボーズを喰らってしまった。

(焦)



そんな状況の中にあって、1人息巻いていたのは
なんと、、、、

3枚釣ったお松。

正直、かないません・・・
魚の釣り方教えてください。


阿呆の漁り




渡辺会長のようにいつでも楽しい釣りをしたいものである。







4月14日ヘチ釣り

見事な返り討ちにあう


明けて日曜日。

竹岡氏来堤。天気総崩れ(嘘)
甚だ寒し。




寝ても覚めても、何とやら・・・
ツー感じで、午後から川崎新堤に出社。
頭から湯気がいきり立っているのであります。

午後からの四時間弱。
近年希にみる真面目さで落とし込みました。

結果・・・


アタリボーズを喰らう・・・

(激焦)




見事な釣果を出したのは、
竹岡氏と早ちゃん。

早ちゃんが、帰船上、妙にニコニコしていたのは釣果があったからであります。

阿呆の漁り



平静を保つように心がけているものの・・・
かなりヤバイ状況にあります。

いやほんと、、、山登りどころの騒ぎでは無い。
嗚呼、どうしよう・・・


阿呆の漁り


春爛漫です。

覚さんから頂いた寒椿が、見事な花を咲かせました。
が、咲いた早朝に強風と大雨に見舞われて、
武士が最も嫌ったと云う、首落としに見舞われた。
残念。

阿呆の漁り

白山吹が咲きました。

阿呆の漁り

台湾シュンランがようやく咲いた。

阿呆の漁り



白雪芥子は、儚いばかりの美しさ。
我が家は、春爛漫。

春がきていないのは、オイラだけ。

阿呆の漁り



この20日には、「百閒忌」

どうも世の中が春めく頃のなると、、、
あまりにも強い生命力を方々から感じてしまい
クラクラするのであります。

なので、、、
山にでも出かけて、静養するつもりでいたのです。

阿呆の漁り

でも、、、黒鯛のことを考えると、、、
焦ります。


太呂

春の下克上

4月7日ヘチ釣り

今年も開催しました。春の祭典:下克上

総勢53名の参加です。
もう恒例行事となっている、早春と晩春に行われるヘチ釣り師による懇親会。

今回もかなり、、、かなり盛り上がりました。


その大会の口火を切ったのは、川崎新堤のポイントゲッター!!
古田さん!!
いつものように見事な釣果です!!

春の下克上







人の縁というのは、不思議なものでございまして、、、
黒友会の高山君の高校時代の校長先生は、、、
渡辺会長の高校時代の担任だったようで、

その素晴らしい縁でもって、めでたく黒友会高山から
川崎新堤黒鯛倶楽部の高山君と相成りました。
目出度しメデタシ〜〜


春の下克上



んで、、、
大会結果は、といいますと、、

黒達会が、根こそぎ持って行きました・・・


1位、ミヤジ君。

彼は、一年で僕の生涯獲得クロダイ枚数を釣る人です・・・

春の下克上



2位は、お馴染み前田さん。

春の下克上



大物賞は、軽く父親越えを果たしたユウキ君。
お見事!!


春の下克上

参加者:54名

順位 氏  名 釣果
優勝 宮嶋 将夫 33.5cm 30.5cm 43cm
準優勝 前田宏巳 30cm 44.5cm
3位(大物賞) 石原悠暉 49.2cm
4位 大橋登美夫 47.5cm
5位 丸山 忠 46.0cm
6位 高野 高雄 45.0cm
7位 古田 正彦 43.5cm
8位 郡 雄太郎 43.0cm
9位 松本 正紀 42.5cm
10位 岩室 彰男 41.8cm
11位 山田 貴 37.5cm
12位 金子 建二 34.0cm
13位 伊藤 一則 30.1cm

愛でできているこの釣り人たちから
東京湾黒鯛研究会へ稚魚放流募金が渡されました。

春の下克上

次は、晩春ですね!!
みんな宜しくね!


太呂

黒鯛サロン春の陣

4月6日ヘチ釣り

さぁ、

今年も『黒鯛サロン春の陣』がやってきました。


今回は、ゲストに川崎新堤の早ちゃんが来てくれました。
今年の春の陣は、五井堤防での開催。
開催場所等は、その年の担当幹事が決定します。

五井堤防は、本当に久しぶり。
東京湾黒鯛研究会講習会で行った時以来ですね。

黒鯛サロン春の陣


いざ、大会開始。
青灯に渡り、灯台がないサイドへ向かいそこをベースにします。

丹念に堤防の先まで探り歩くも・・・
ナンの反応も無く、気落ちしているところへ連絡が、、、、

ゲストの早ちゃんが、灯台近くで見事にゲット!

黒鯛サロン春の陣

聞けば45cmの見事なクロダイです!!

ゲストに先を越され、一同焦ります。
が、ナンの反応もありません。

川崎新堤同様に9時から全員集合しての食事をとり、懇親会。

その後、後半戦に入り、一同気合いを入れ直します。



途中電話が入り、黒友会の越川さんにアドバイスを頂きました。

「上げっぱなは、タナでチャンス!」

底りが、12時半。

午後一時には下船なので、上げっぱなを狙うとなると、、、
30分程度しか有りません。

気を緩めず、タナを狙っていきます。

残り時間が10分を切り、そろそろベースに帰らねばと思いつつも
足を停めて、落とし込むと・・・

ピンッ!と、ラインが軽く弾けました。
軽くアワセたのですが、すっぽ抜けたようでエサがなくなっています。

ガン玉をよく見ると、クロダイの歯形が、

黒鯛がいることを確信して、しつこく周辺を落とし込むと、、、
またもや同じアタリ!

即座に軽く合わせたら、黒鯛が掛かってくれました。


黒鯛サロン春の陣

お腹パンパンの見事なクロダイ。
久々の一枚でした。


サイズも早ちゃんの45cmにわずか5ミリ大きいサイズ!!

なんとか優勝できました。




黒鯛サロンも確か今年で19年目。
あっという間の気がします。


黒鯛サロン春の陣

他人をことさら批判しないこの愛すべきメンバーに感謝。


太呂

春明け切らず魚影薄し

3月30日ヘチ釣り

春の陽気に誘われて、、、といいたいところだけど、
現実は、結構寒くて・・・辛い釣行でありました。
それでも多くの釣り人が参戦しています。

春明け切らず魚影薄し

こんな状況の中で釣果を出せる方は、
それはそれは、恵まれた方々であります。

見事に2枚をものにしたのが、オッシーさん。

春明け切らず魚影薄し

久しぶりの健さんも見事な1枚。

春明け切らず魚影薄し

オイラは、というと午前中に1バラシとすっぽ抜け。
ま、バラシて仕舞うこと自体が、ブランクを感じます。
急がないでのんびりと釣行を重ねたいと思います。

関東ヘチ釣りカレンダー

4月
6(土)黒鯛サロン春の陣五井堤防
7(日)下克上川崎新堤
   
5月
19(日)東京湾黒研久里浜
26(日)東京湾黒研横浜沖堤
6月
23(日)東京湾黒研五井堤防
29(土)東京湾黒鯛落とし込みバトル木更津
7月
4(木)黒鯛工房CUP木更津堤防
7(日)東京湾黒研:チャリティ釣り大会木更津堤防
8月
4(日)野島杯野島
9月
7(土)ダメ磯大会川崎新堤
15(日)東京湾黒研未定
28(土)黒鯛サロン秋の陣未定
10月
5(日)黒鯛サロン大人の遠足タイラバ
11月
29(金)黒鯛サロン忘年会


日曜日は、いろいろと我が家の植物のお手入れ。

今年の2月に植え替えた藤が、大きな蕾を持ちました。
やっと今年咲いてくれそうです。

春明け切らず魚影薄し

30年に10cmも大きくならないといわれる
鹿児島から持ってきたイワヒバが、
小さな株が育ったので植え替えました。

春明け切らず魚影薄し




夜には、独り夜桜で宴会。
以前は、「花見に連れて行け」とうるさかった家族も
それぞれが自由すぎて、オイラが「花見に行こう」と誘っても
そんな暇がありません・・・

まぁ、仕方ないですよね。

春明け切らず魚影薄し



春明け切らず魚影薄し



春明け切らず魚影薄し



太呂

2019年開幕:半年ぶりの落とし込み

3月23日ヘチ釣り

2019年開幕:半年ぶりの落とし込み

久しぶりの川崎新堤です。
すっかりご無沙汰しておりまして、気がつけば半年ぶりの5番会。

天沼さんも半年ぶりなので、今日は2人でお邪魔した次第です。

それにしても、
オイラが、山登りやキャンプに興じている最中に、
今年のお正月から釣果がたくさん出ていたようで、、、

まだ、今年釣っていない人は、
ほんの数名になっているようです。
(汗)・・・




2019年開幕:半年ぶりの落とし込み

5番会の10時の集いも、
いつもの通りの大盛況!!

田中御大の手作りホットドッグは大変美味でございました。





釣果には恵まれませんでしたが、楽しい1日でした。

それにしても・・・
前日の4月下旬の陽気とは打って変わって、、、、
真冬の寒さ。
これには、参りました(苦)

お彼岸(21日)は、かみさんのお墓参りに同行しまして、、
オイラの狙いは、その後の呑み。

2019年開幕:半年ぶりの落とし込み

上野の藪蕎麦で、腹を満たして
銀座のライオンでビールをしこたま呑んで、
ロックフィッシュのハイボールで締める。

2019年開幕:半年ぶりの落とし込み

大人の休日とは、
かくありたいモノだと
自画自賛なのでありました。


太呂

終わりの日、エゼキエル戦争

2019年
2月18日ヨシナシゴト

最近、遊びに行けない日が続いている。
天候が悪かったり、用事が入ったりしてどこにも行けないでいる。

そこで、最近かなり気になっていることを書き連ねてみたいと思う。

それは、

終わりの日エゼキエル戦争
【シリア問題】 トルコ・ロシア・イラン3か国首脳会合 共同記者発表要旨
ロシア、トルコ、イラン、ワーキンググループは、シリアの囚人スワップに設立を合意

旧約聖書を少し知っているなら、この写真を見ると・・・
怖くなってしまう。

世の終わりが近づいたことだ。

何をバカなことを言うんだと笑って欲しい。のだが、、、
そう笑ってもいられない状況になっているからだ。
(実際に僕も驚きのあまり、、困っている)


ユダヤ教及びキリスト教で用いられる旧約聖書の中のエゼキエル書38章の抜粋。
エゼキエル書は、今から2600年前に書かれた。
世界の終末になる前の預言が出ている。
因みに、聖書とは
有り難いお言葉が並べられているものではなく、
完全に預言を記している書。

終末図

地図を見ながらだとわかりやすい。



エゼキエル38章 (口語訳


Eze 38:1 主の言葉がわたしに臨んだ、
Eze 38:2 「人の子よ、メセクとトバルの大君であるマゴグの地のゴグに、あなたの顔を向け、これに対して預言して、
Eze 38:3言え。主なる神はこう言われる、メセクとトバルの大君であるゴグよ、見よ、わたしはあなたの敵となる。
Eze 38:4わたしはあなたを引きもどし、あなたのあごにかぎをかけて、あなたと、あなたのすべての軍勢と、馬と、騎兵とを引き出す。彼らはみな武具をつけ、大盾、小盾を持ち、すべてつるぎをとる者で大軍である。
Eze 38:5ペルシャ、エチオピヤ、プテは彼らと共におり、みな盾とかぶとを持つ。
Eze 38:6ゴメルとそのすべての軍隊、北の果のベテ・トガルマと、そのすべての軍隊など、多くの民もあなたと共におる。
Eze 38:7あなたは備えをなせ。あなたとあなたの所に集まった軍隊は、みな備えをなせ。そしてあなたは彼らの保護者となれ。
Eze 38:8多くの日の後、あなたは集められ、終りの年にあなたは戦いから回復された地、すなわち多くの民の中から、人々が集められた地に向かい、久しく荒れすたれたイスラエルの山々に向かって進む。その人々は国々から導き出されて、みな安らかに住んでいる。
Eze 38:9あなたはそのすべての軍隊および多くの民を率いて上り、暴風のように進み、雲のように地をおおう。
Eze 38:10主なる神はこう言われる、その日に、あなたの心に思いが起り、悪い計りごとを企てて、
Eze 38:11言う、『わたしは無防備の村々の地に上り、穏やかにして安らかに住む民、すべて石がきもなく、貫の木も門もない地に住む者どもを攻めよう』と。
Eze 38:12そしてあなたは物を奪い、物をかすめ、いま人の住むようになっている荒れ跡を攻め、また国々から集まってきて、地の中央に住み、家畜と貨財とを持つ民を攻めようとする。
Eze 38:13シバ、デダン、タルシシの商人、およびそのもろもろの村々はあなたに言う、『あなたは物を奪うために来たのか。物をかすめるために軍隊を集めたのか。あなたは金銀を持ち去り、家畜と貨財とを取りあげ、大いに物を奪おうとするのか』と。
Eze 38:14それゆえ、人の子よ、ゴグに預言して言え。主なる神はこう言われる、わが民イスラエルの安らかに住むその日に、あなたは立ちあがり、
Eze 38:15北の果のあなたの所から来る。多くの民はあなたと共におり、みな馬に乗り、その軍隊は大きく、その兵士は強い。
Eze 38:16あなたはわが民イスラエルに攻めのぼり、雲のように地をおおう。ゴグよ、終りの日にわたしはあなたを、わが国に攻めきたらせ、あなたをとおして、わたしの聖なることを諸国民の目の前にあらわして、彼らにわたしを知らせる。
Eze 38:17主なる神はこう言われる、わたしが昔、わがしもべイスラエルの預言者たちによって語ったのは、あなたのことではないか。すなわち彼らは、そのころ年久しく預言して、わたしはあなたを送って、彼らを攻めさせると言ったではないか。
Eze 38:18しかし主なる神は言われる、その日、すなわちゴグがイスラエルの地に攻め入る日に、わが怒りは現れる。
Eze 38:19わたしは、わがねたみと、燃えたつ怒りとをもって言う。その日には必ずイスラエルの地に、大いなる震動があり、
Eze 38:20海の魚、空の鳥、野の獣、すべての地に這うもの、地のおもてにあるすべての人は、わが前に打ち震える。また山々はくずれ、がけは落ち、すべての石がきは地に倒れる。
Eze 38:21主なる神は言われる、わたしはゴグに対し、すべての恐れを呼びよせる。すべての人のつるぎは、その兄弟に向けられる。
Eze 38:22わたしは疫病と流血とをもって彼をさばく。わたしはみなぎる雨と、ひょうと、火と、硫黄とを、彼とその軍隊および彼と共におる多くの民の上に降らせる。
Eze 38:23そしてわたしはわたしの大いなることと、わたしの聖なることとを、多くの国民の目に示す。そして彼らはわたしが主であることを悟る。

終わりの日エゼキエル戦争



現代的に簡単に要約するならば、こうなる。

ロシアは、トルコとイランを伴い、北からはドイツ(?)南からはリビア、スーダン、エチオピアらとイスラルに侵攻する。その時、アラビアの国々やタルシシの人々は「なぜ侵攻するんだ」と諫めるが、それも無視してイスラエルに攻め込む。
攻め入るその時、今までにない大地震や大災害が起こり、疫病や流血が流れ、彼らは神から打たれるだろう。
全世界の人々は、この有り様をライブで衛星放送やネットで観て、預言が的中したを知り、聖書に書かれた神が本当にいることを知る。



では、なぜ彼らはイスラエルに侵攻するのだろう。
それは、多分これだ。
イスラエル=リバイアサン、タマルに次ぐ規模の天然ガス埋蔵層を発見

今までにないような埋蔵量の石油が見つかった。からではないか。



このエゼキエル戦争後、

いよいよ苦難の7年間が始まる。

圧倒的な支持を受けて偽キリストが、登場する。
彼は世界を一つの政府として樹立。
NEWWORLD ORDER(ニューワールドオーダー)だ。
(ローマ人ではないかといわれている)

しかし、絶大な支持を受けて君臨した彼は、
途中の3年半でがらりと態度を変え、
世界は大不況と混乱の中へ突入する。

この時、世界人口の7割が死滅すると書かれている。





終わりの日エゼキエル戦争


[ 参考資料として ]

成就に向けて動き出すエゼキエル38章預言

マグニチュード7以上の地震
1980〜1989年:2回
1990〜1999年:10回
2000〜2009年:20回
2010〜2017年:82回

太呂

2019年フィッシングショー

1月19日ヘチ釣り

フィッシングショーに行ってきました。
以前に1回ぐらい行ったことはあるけれど、、、
毎年、この時期に開催されていたんですね。

新年会が横浜で会ったので都合良く会場をのぞくことができました。

2019年フィッシングショー





黒鯛工房さんのブース

プロトタイプとして置かれていた竿に興味津々。
もし発売されたら、みんなこぞって買い求めるんだろうな。

格好良かったです。

2019年フィッシングショー



巨大シーバスが泳げるほどの巨大水槽があり
飽きさせないイベント会場作りをしていましたね。

オイラ的には、人が多くて少し閉口気味・・・
だったけど・・・

2019年フィッシングショー




ヨコハマの街は、歩くと気分のいい街なんだと
改めて気づかされました。

2019年フィッシングショー




さぁ、来週はどこに行こうか。


太呂

神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6

1月12日山登り

コースタイム

神之川ヒュッテ(10:20)→林道に出る(11:05)[休憩 5分] →熊笹の峰まで800メートル(12:00)[休憩 5分]→犬越峠分岐(12:42)→檜洞丸(13:20)[休憩 40分] →下山開始(14:00)→熊笹の峰まで800メートル(14:55)[休憩 5分] →林道に出る(15:25) →神之川ヒュッテ(16:00)

関東平野に初雪が降ったこの日、
檜洞丸に初めて登りました。

裏丹沢の神之川ヒュッテは、この日風が当たっていなかったせいか、
曇っているだけで天気は良かった。
登山日和。





神之川に来るまで向かう途中、登山用の靴下を忘れたことに気がつき・・・
急いで引き返す。これで大幅なロスタイム・・・
後にコース変更をよぎなくされる・・・


神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6

神之川ヒュッテからヤタ尾根を通るルートは、
非常に急勾配で、凄いハードなコースでした。

登り降りとも足に疲労が蓄積されて、何度も休憩を余儀なくされます。



ようやく、、、
熊笹の峰まで着くと、


そこは、今までとまったく違った銀世界でした!


神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6

木の枝や草に霧氷が綺麗に付いて、
一面さくらが咲いたような景色。


美しさのあまりにため息が出ます。

神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6

帰りには、一瞬晴れ間がのぞいて
富士山が裾が見えました。


来て良かった!





神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6

神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6

神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6

神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6

神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6

神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6

神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6



神奈川で2番目に高い檜洞丸に登る #6
夢中になる山登り。

後は、蛭が岳に挑戦です。


太呂

2019年登り初め。丹沢三峰山#5

12月8日山登り

コースタイム

清川村道の駅(10:20)→物見峠(11:42) →三峰山山頂(13:00)[休憩 20分]→不動尻(14:10)清川村道の駅駐車場(15:50)

56歳で山登りに挑戦して、今回が5回目登山。
今年、2019年最初の登山は、丹沢大山の後ろにある『三峰山』にしました。

理由は単純で、一番早く行ける場所で日帰りできるから。



正月の5日に登山する人なんて居ないと思っていたら、、、
結構の人々が登山しているので、驚いてしまった。



登山も釣り同様に熱い趣味なんですね。

登り初め。丹沢三峰山#5



登り初め。丹沢三峰山#5



毎回のことですが、登り始めの30分から1時間過ぎまでは・・・
何故登山なんてするのだろう?
苦しさに喘ぎながら、問答しています。

登り初め。丹沢三峰山#5



こんなに辛い登山なんてするもんじゃ無いよ!

と、自問自答しながら登ります。


もう、、、息絶え絶えで、、、

肺活量がまったく足りません。



3週間ぶりぐらいの登山なので、足も動きません。

やはり日頃のトレーニングが必要なのですね・・・

登り初め。丹沢三峰山#5




三峰山の尾根は、今にも崩れて尾根がなくなってしまいそうな、、、
場所が多く、足腰というかバランス感覚がない人は、
足を滑らせて、真っ逆さまという場所が多かったです。

登り初め。丹沢三峰山#5





登頂から下りは、谷太郎川方面へおりましたが、
比較的に川沿いの緩やかな下り坂もあって、
風景を楽しむことができます。

登り初め。丹沢三峰山#5




夏場ならば、渓流釣りも楽しめそうな場所ですね。

登り初め。丹沢三峰山#5





林道を過ぎると、清川村役場までは長い舗装道路なので
ちょっと物足りなさを感じました。

登り初め。丹沢三峰山#5

さぁ、今年は涸沢カールを目指し、
お山のトレーニングに励みます!!


太呂

平成最後の手賀沼で寒タナゴ釣り

12月8日タナゴ釣り

久しぶりに手賀沼へ、寒タナゴ釣りに行ってきました。

来るのが遅かったのか、、、
常連さんに『もう寒タナゴのシーズンは終わりだよ』と言われ、、、
折角寒くなったので、これからだと思っていたら、

とっくにシーズンは、やってきていたようです。

手賀沼で寒タナゴ釣り



それでもヘボな僕でも少しですが、釣れました。




いつもの釣場では、既に午前中から来ていたベテランさんが・・・
二束ぐらい釣ったとかで、
「場所を変えるのが賢明」と諭されまして、
新規釣場に行ってみたのです。(手探り状態・・・)

手賀沼で寒タナゴ釣り



これが大正解でした。
オイラでも20匹以上、釣ることができました。

クチボソは、その4倍ぐらい釣れましたけど・・・

手賀沼で寒タナゴ釣り




この時期のタナゴ釣りは、楽しいですね。
(この時期以外はやったことがないけど・・・(苦)

手賀沼で寒タナゴ釣り



手賀沼で寒タナゴ釣り





手賀沼で寒タナゴ釣り

この美しい魚体を見たら、また行きたくなりますね。
今度は、霞ヶ浦かなぁ。



アイナメも釣ってみたいし、、、


 

 

 

 

 

 

 

 

<<前ページ                        次ページ>>

【 お勧め書籍 】

  • 卑弥呼の正体
  • パンツを脱いだサル
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • パンツを脱いだサル
  • ゆがめられた地球文明の歴史
  • シリウスの都 飛鳥
  • 天皇のロザリオ
  • 日本語の正体
  • 発酵マニアの天然工房
  • 日本語の正体
  • 孫崎享:戦後史の正体
  • 栗本慎一郎の全世界史

 

 

Top