タロの部屋

タロの部屋

はじめに

この世の中は、可笑しなことばかり。

つじつまの合わないことや悪意に満ちたことが本当に多すぎると思いませんか?
それは、遠く離れたところで起こっている事件ではなく、ごく身近なところで日常行われています。

しっかりと目を覚ましていなければわからない真実があるものです。










【次期首相?、安倍晋三・一族の系譜】

 「小泉元総理の父、祖父が、第二次大戦中、中国侵略を進めた大政翼賛会の政治家であり、安倍晋三元首相の祖父が、中国侵略の中心人物=岸信介であり、麻生太郎元首相の祖父が、中国侵略軍の中核に居た吉田茂である」という家系が意味する、日本の首相一族の連綿たる異常な系譜は瞠目に値する。

中国侵略の中心人物=岸信介の系図

 1939年4月、陸軍省軍事課長、岩畔豪雄を中心に、三井、三菱、大倉財閥の出資で満州に「昭和通商」という商社が作られた。

主な業務は、中国大陸におけるアヘン密売であり、実働部隊として岸信介、佐藤栄作、池田勇人、吉田茂がアヘン密売の実働部隊として「動き」、満州国の運営資金、日本軍の戦争資金=兵器購入資金を、麻薬・アヘン売買で調達した。

これは、1894年の日清戦争で勝利した日本の、内務省衛生局長、後藤新平が、「満州経営の資金調達のため、アヘンを国策として売買すべし」と主張して以来の日本の国策だった。後藤は、後に満州鉄道・初代総裁になっている。

岸信介、佐藤栄作、池田勇人、吉田茂

岸信介、佐藤栄作、池田勇人、吉田茂。戦後、首相になった4人の一族が軍人として、膨大な部署のある軍部の、しかも満州の、たった1つの部署に集中して配属されていた、という事は偶然にしては、余りに不自然である。

4人の首相一族は、麻薬売買を中心的に担い、右翼の「大物」と言われる児玉誉士夫等は、むしろアヘン売買では「小物」であり、4人の首相一族が麻薬売買の中心に居た。

児玉誉士夫等

中国における麻薬の売人一族から、戦後4人も日本の首相が出た理由は、麻薬・アヘン売買の利益を、この4人の一族が「着服し、私物化し、私的な財産を形成し」、それが、戦後、自民党「大物」政治家の権力獲得資金源=「首相のイスの購入資金」となったためである。

侵略戦争の中核に居た人物等の末裔が、「たまたま偶然」、戦後、自民党の政治権力の中枢に居た、と言う事ではなく、彼等・自民党政治家のトップ達の政治活動資金が、戦争中の麻薬売買資金の「着服金」にあるため、自民党政治家のトップの「先祖」が、全員、「麻薬密売組織の中に居る」事になる。

なお、日本人と現在のユダヤ人とは古代イスラエル人を袂とする枝分かれした民族であるが、ニューワールドオーダー推進派のシオニストユダヤ人は欧州系のユダヤ人でハザール王国をルーツとする人々の末裔であり、古代イスラエル人とは直接血縁はなく、ユダヤ教に改宗した民族(定義上、ユダヤ教に改宗するとユダヤ人となる)であり、本当の意味でのユダヤ人ではない。

【日本の支配者】

日本は古来より天皇を君主とする中央集権政治をおこなってきた。初代天皇、神武天皇より代々、天皇は世襲によって受け継がれ一族によって国が統治されてきた。

その中央集権政治に大きく貢献したのが聖徳太子である。彼は冠位十二階を定め、十七条憲法を制定し、仏教を信仰するように国民に説き大衆をまとめ、天皇を中心とした中央集権制度を確立した。

聖徳太子

彼らのルーツを探ると日本の本当の姿が見えてくる。天皇家や聖徳太子の先祖はいったいどこから来たのだろうか? その答えは古代イスラエルにある。太古の昔、天皇や聖徳太子の祖先は古代イスラエルから遠い旅路を経て大陸を東に横断し、そして日本へ渡っていき、そこに日本を建国したのだ。日本という国は古代イスラエルからつながった国なのである。さらに遡ると、そして恐らくは、古代メソポタミア文明のシュメール王家が天皇の本当のルーツである。

古代イスラエル

かつてダビデ王が統治した古代イスラエルには12の支族が存在した。 ソロモン王の代以後、北王国イスラエルに10支族と南王国ユダに2支族分かれ、その後、アッシリアに北王国イスラエルは滅ぼされた。南王国ユダは新バビロニアに滅ぼされ、バビロニアに国民はバビロニアに連行されたがペルシャ王国がバビロニアを滅ぼした後に南ユダに戻った。しかし、北王国イスラエルの人々は、国を追われ東へと向いアジア全土に散ったのだ。

南王国ユダは新バビロニア

天皇家の紋章として、獅子(ライオン)と一角獣(ユニコーン)の紋章があったとされているが、獅子は古代イスラエルの10支族のユダ族の紋章であり、一角獣は北イスラエル王国の王族であるヨセフ族の紋章である。

北イスラエル王国の王族であるヨセフ族の紋章

天皇家の有名な十六菊花紋は一般的なユダヤ教会で使われる紋章であると同時に、シュメール王家の家紋でもある。天皇の尊称は『スメラミコト』であり、スメラは英語ではシュメールと発音しラテン語ではスメルと発音する。ミコトは王と言う意味である。明治維新前までは天皇ではなく、スメラミコトと呼ばれていたが、維新後はなぜか天皇と呼ぶようになった。

天皇の紋章シュメールの遺跡

古代イスラエルを離れた人々は中国やその近隣諸国、朝鮮などに分かれその国の文化や人々と融合して行った。

しかし、彼らは巧妙に国に取り入り歴史の表舞台にたっている。中国の始皇帝は彼らの末裔、つまりもとは古代イスラエルの10支族(白人系)の子孫だ。始皇帝は身長が高く、赤い髪に目は青く、鼻も高かったと言う記録がある。彼は中国を統一し、覇王となった。

始皇帝

秦朝の始皇帝のさらに末裔が実は日本に渡来している。秦氏(はたうじ)という豪族だ。

日本書紀によれば、応神天皇14年、弓月国の弓月君(ゆづきのきみ)は、中央アジア(弓月国のヤマトゥと言う地名のところ)からシルクロードを通り、朝鮮を経て19万人という大集団を率いて日本へ渡来してきた。その人物こそ、その後の日本において秦氏の基になった人々である。その後幾度となく大陸から古代イスラエル系の朝鮮人が日本へ渡来している。その秦氏こそ日本の文明の発達に大きく貢献した裏の支配者であり古代イスラエルの末裔である。彼らもまたユダヤの血を引いているのだ。

秦氏は、今の京都の太秦(うずまさ:聖徳太子の太に秦氏の秦を取ったもの)を本拠地に莫大な財力を持ち、現在の西陣織り、竹細工、漆塗り、金属細工、皮革技術等、酒造、畑作、土木建築などの技術や文化、芸能を日本に広め政治の中枢に深く関わるようになった。

そして794年平安京の遷都は、当時の桓武天皇によって成されたが実質は秦氏がスポンサーになって莫大な財力と技術力によって成し遂げられた。平安京(平和な都)はヘブライ語でエルサレムと言う意味である。平安京のシンボルは六芒星(ダビデの星)が元になっており聖地エルサレムの「城塞」は12の門を持つなど構造が平安京とよく似ている。

平安京のシンボルは六芒星ダビデの星

京都太秦の広隆寺は秦氏によって建立され、三本足の鳥居(三位一体の意味)がある。そこには『モーセの十戒』と同じ物がまつられている。また 京都、下鴨神社には八咫烏(やたがらす)三本足のカラスが描かれている。

三本足の鳥居
下鴨神社には八咫烏(やたがらす)三本足のカラス
十戒

平安京の遷都の後にすぐ後祇園祭ができたのだがこれは古代イスラエルのシオン祭りと内容スケジュールともにほぼ同じであり、7月17日がメインの日である事も同じである。御神輿は三種の神器が入っている失われたアーク(契約の箱)そっくりである。また山鉾(やまほこ)にはバグダッド宮殿や砂漠を行くラクダやエジプトの風景や旧約聖書「創世記」第24章のイサクの嫁選びのシーンなどが描かれている。

古代イスラエルのシオン祭り星古代イスラエル

以後、脈々と秦氏の一族は日本の政治にかかわりを持って行った。一部は天皇家へ、政治家へ、或いは実業家として日本を支配していったのである。

なお、日本人と現在のユダヤ人とは古代イスラエル人を袂とする枝分かれした民族であるが、ニューワールドオーダー推進派のシオニストユダヤ人は欧州系のユダヤ人でハザール王国をルーツとする人々の末裔であり、古代イスラエル人とは直接血縁はなく、ユダヤ教に改宗した民族(定義上、ユダヤ教に改宗するとユダヤ人となる)であり、本当の意味でのユダヤ人ではない。

聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史ー失われた10部族の謎

【日本の支配者】より

袴田事件

以下にある映像は、いわゆる袴田事件で死刑判決を書いた元裁判官の映像です。

この映像を見るにつけ、我が国の警察及び裁判のあり方に疑問符がつきます。絶対的な権力であり、国民の公僕であるはずの機関が、疑問符のつくような事件の裁き方をして良いものかどうか?大変、不思議に思えます。

果たして我が国の立法府や分立しているはずの政治などが、己の面子のために癒着しているのではないか?とさえ思ってしまうのであります。

何故、『袴田事件』は、再審しないのか?

もし、袴田さんが無実なら・・・国は、どのような謝罪を彼や彼のお子様たちや親戚に償うつもりなのでしょうか?実際にこの事件を裁いた、担当裁判官が「申し訳ない」と言っているのを権力側にいる当事者たちはどのような想いでこの映像を見るのでしょうか?

ブログ【裁判官の良心

『袴田事件』が、映画化に!!!



 

 

 

 

 

【ヤクザの6割が同和関係者、ヤクザの3割が在日韓国朝鮮人である】

元公安調査庁の菅沼光弘氏曰く「ヤクザの6割が同和関係者、ヤクザの3割が在日韓国朝鮮人である」

日本のヤクザの6割が同和関係者であり、3割が在日朝鮮系の人、残りの1割がチャイニーズや同和系ではない日本人である。」と公言した有名な元公安調査庁:菅沼光弘氏の映像です。

また、一説には街宣車を分回す右翼も殆どが在日系の方々だという。

何故にこんなに我が国というのは、他の国の方々に蹂躙されるのであろうかと悩んでしまいます。国家も弱ければ、「悪いことを悪いと知っていて生業にしている」ヤクザに対しても弱い。この有り様は、やはり我が国が日本として独立を勝ち得ていないからだと思う。未来に遺すべく国を愛する土台が崩れているからだと思います。

【自作自演911テロ】

アメリカという国は、何処へ向かおうとしているのだろうか?

あまりにも稚拙な、911テロの真実。それでもまだ認めない国、アメリカ。世界中の誰もが、アルカイダが犯人だなんて信じていないのに。

ケネディ暗殺だって、オズワルドが犯人だ信じているお気楽な人は、世界中に何人いるのだろう。こんなに沢山の嘘をついた国、アメリカ。この国が、再生されて世界中の人びとから愛された昔の雄大なアメリカになるのはいつの日だろう。そんなアメリカに支配されている日本の独立はいつの日だろう。


そして、勇敢にあの911で働いたファイアーマンたちが、次々とガンで死んでいく。
911の被爆者たちー癌で死んでゆく警官・消防士・撤去作業者
911の被爆者たちー癌で死んでゆく警官・消防士・撤去作業者

何故ガンで死んでいくのか?
これに関しては、911探求の第一人者のリチャード・コシミズのサイトをご覧ください。
日本独立党:リチャード・コシミズ

【ナチ「ガス室」はなかった】

「納得いかない。」と、いえばこの話である。
一体全体〈ナチのガス室は、あったのか?なかったのか?〉
何故、この問題を私たちの国は取り上げないのだろう。マスコミがこの題材を扱った途端に圧力がかかり、いつもうやむやになってしまう。

そうだ!ガス室は、無かったのではないか?

ナチ「ガス室」はなかった。