2011年10月24日

国府津浜へ。

国府津の浜から見た、美しい夕景。


日曜午後遅くなって、やっと自由な時間ができた。

本来なら、東京湾へ出掛けて[ちょっとヘチ釣り]という案配なのだが、最近の東京湾はどこも釣りをフリーですることができない状況だ。

最近乗り換えた「ショアジグ」に相模湾へ出掛けた。

関東の本場、国府津の浜である。

結果から言うとボーズを喰らったのだが、一度水面まで持ってきてバラシて仕舞った。
結構な引きをする魚で、多分カンパチの幼魚のショゴではないかと思った。

隣で見ていたベテランさんからやり取りの指導をしてもらった。

「サーフでのやり取りは、波を見て波に合わせて持ってこないとばれるよ。」

どうもヘチ釣りのやり取りしか知らないので困ったものだ。

それにしても夕景を見ながらのショアジグは、何て楽しいのだろうと思う。

以前なら、東京湾で夕陽を見ていたのだが、淋しい思いである。




ばらした時のジグ



自宅に戻り、ばらしたジグを見てみると、歯形がついている。

それと暴れた時の勢いでメッキも剥がれ、苦戦を物語っていた。

ますますのめりこみそうな勢いである。


国府津の砂浜は、弓角を使う方が多いのを知った。

次回は、弓角をたくさん持って行こう。















〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜







< 余話として >

カダフィが、暗殺された。

ニュースは、リビアが民主化になると嘯いている。

そんな下らないニュースを観て、スターウォーズ:エピソード3のワンシーンを思い出した。

ナタリー・ポートマン扮するパドメが言う台詞だ。

「自由は今死んだ。万雷の拍手の中で」

「今、アフリカは死にました。万雷の拍手の中で」



防波堤が決壊した。







残念だ。

2011年10月17日

薩摩へ。そして熊本で稲刈り。

九州を南から北上する激動の日々だった。


小松帯刀の墓所


小松帯刀薩摩の酪農家を取材し、帰りに小松帯刀の墓所を見てきた。云わずと知れた維新の十傑の1人である。

余り知られてはないが、小松家は平家の直系の子孫である。

源平合戦後、南九州の大隅にある禰寝(根占)に移され、以来姓を禰寝と称している。

戦国時代に豊臣に敗れ、大隅半島の禰寝から薩摩半島の日置に移された。

江戸中期になり、平家の昔の名である小松姓を再び名乗ることとなる。

34歳で没したのは、非常に残念なことだ。



小松帯刀弁当
さらに、子孫は品川駅で弁当屋さんをやっている。

直系は、絶えてしまい西郷隆盛の弟である西郷 従道の四男が養子となっている。





焼酎:小松帯刀因みに
焼酎[ 小松帯刀 ]は、日本酒メーカー大関の子会社が出しているが、実は「大関」は女系の子孫に当たる。







熊本の取材に行くべく北上する。
途中、阿久根に寄る。
阿久根港


阿久根と云えば、やっぱり最近有名になった竹原信一氏だ。

個人的に、めちゃくちゃ応援している!

小松帯刀同様仕事を成し遂げて欲しい人物だ。



無農薬米のおにぎり


途中、車で野宿したりしてやっとの事で熊本に至り、無農薬の餅米稲刈りを取材した。

お昼に食べた、完全無農薬米のおにぎりが美味しく、4個も食べてしまった。

二十年ぶりぐらいにやった稲刈りは、日頃肉体労働しない僕にとっては過酷な作業であった。

原子力と放射能問題が原因で、都会から疎開してきた家族も手伝い慣れない手つきではあるが楽しい汗をかいたに違いない。

子供という生き物は不思議なもので、今まで一度も都会にいて裸足や稲刈りなんてやっていないのに、小一時間もすると田舎の子供同様に遊ぶから驚きだ。


大自然に恵みあれ!!








餅米稲刈りの様子








〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年10月12日

ジグでマゴチを釣った。

この所、忙しくてブログもアップできない状況になっている。

足早に記録してみる。


ルアーでマゴチ


ショアジギングにずっぽりとはまってしまった。
そして生まれて初めてジグでマゴチを釣った。

ますます、病気になっていく。




2011年10月10日


カマス


カマスが、釣れた!!
実をいうと、まったくショアジグって信じていなかったのだが、釣れたので本人ビックリ。

こんなに楽しいとは!!!!

大漁である。



カマス


ジグ



静岡の三保の海岸で見たジグに惚れてしまった。
ルアーって、3本フックだと思っていたら、ジグに針が付いているだけというシンプルさと無骨さとその強引さに見とれてしまい、一挙にショアジグの世界へ走ったのだ。


[それと、東京湾でちょっと時間があるから釣りをするというクイックなヘチ釣りが出来なくなったのがもっと大きな要因だ]








2011年10月11日


水上小学校


新潟は、柏崎の水上という所へ取材に出掛けた。

木造の小学校が閉校してまだ4年余り、市から無料で払い受けた自治体はコミュニティセンターへと生まれ変わらせており、貴重な木造校舎を大切保存していた。



彰忠碑


さらに、村の入り口には日清日露の戦役で戦った彰忠碑があった。文字は、薩摩出身の大山厳が記したという。

新潟のこんな山の中からもたくさんの兵隊が出て行き、この国を護ってくれたと思うと感慨深い。





2011年10月12日


銀座のアトリエ


拙い私の銀座のアトリエが、バージョンアップした。

居間まで三畳ほどの大きさだった銀座の屋根裏のアトリエが、その五杯ほどの広さになった!

益々休日は、このアトリエで引きこもりになりそうだ。








今週はこれから薩摩に帰国する。








〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年09月26日

磯自慢を飲んだ三日間。

バナナオーレ


尾張の若君三連休ですが、家族はそれぞれ用事を抱えており残された私はぶらりと旅行へ出掛けた。
まぁ、行くところはそんなに多いわけでは内のでブラリブラリと動いていたら、やはり同じようにブラリとしている輩がいるようで、、、、

気がついたら「バナナの合宿」みたいな有り様になりました。

台風の影響でまだどこも山水が河川に流れ込んでおり水潮が取れない状況。

釣果を求めて彷徨っているというよりは、休暇を愉しみたいという思いの方が強いので、私自身気楽な釣り旅になった。


黒鯛さん



磯自慢目当ては、何といっても「磯自慢」である。
焼酎の国に生まれたくせに、日本酒も大好きなのである。

その大好きな日本酒の中でも好きなのは、磯自慢。
「こんなにも飲み口の良い酒があるか!」と多少誉めすぎかも知れないが、実際かなり旨い酒である。

そんじょそこらには無い酒だ。
(一度、ご賞味あれ!)


酒と温泉に現(うつつ)を抜かした連休でありました。


時に、御前崎から小港を釣り歩くヘチ師と出会った。
懐かしい釣友との出会いも嬉しいものだ。
何だかんだとこの釣りをやっていてくれることに感謝だ。
嬉しいよ!ピクシィちゃん!













夕陽の中で釣りに興じる清水三郎さんの姿が美しい・・
清水三郎さん



〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

弓角で釣った初めてのソウダガツオ


ショアジギングにはまっているのであるが、なにせ今までルアーなんてやったことがあまりないので、四苦八苦しながらやっと弓角(ゆみづの)でソウダガツオを射止めた。

やっぱり、初物は正直嬉しい。
















〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年09月22日

放射能パニックを煽っているヤツらがいる

「9.11原発をなくせ」デモとハングル文字の関係


放射能パニックを煽っているヤツらがいる。
まぁ、上の写真を見て頂きたいが、煽っているヤツらやハングル文字が大好きなのだ。
デモで叫ぶ時もハングル文字が無いと読めないのでしょうか?


とうとう実害が出た!


実際、うちの会社のスタッフも放射能を避けて関東から遠く西へ家族で逃げるらしい。

幼子を抱え、日々放射能パニック報道や不安をかき立てるサイトなどに接しているお母さんたちは、気持ち的にもたまったものではないと思うから、快く受託した。


しかし、パニックになった人は仕方が無いにしても、ここは落ち着いてようく考えて欲しい。
上の写真では無いけれど、不安を煽るデモや署名活動って如何なものか?と思うのだ。


気軽にデモ行動や署名活動および署名などしないで欲しい。

やつらの悪巧みに簡単に乗らないで欲しい。



もし、今回の福島原発がチェルノブイリと同様もしくはもっと大きかったとしたら、東京も含めて住めないじゃん。


3km圏内帰れるはずがないじゃないか!!

「9.11原発をなくせ」デモとハングル文字の関係



上記デモプラカード写真は、チリャード・コシミズ氏から無断で拝借しました。「9.11原発をなくせ」デモとハングル文字の関係






















〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年09月20日

日本人が知ってはならない歴史

日本人が知ってはならない歴史


【 日本人が知ってはならない歴史 】という本がある。

この手の本は、怪しい物が多いので如何なものか?と警戒しながら読むのであるが、結構的を射ており面白い。

日露戦争の借金返済や通州事件など我らが日本人が知っていなければならない大事なポイントを押さえている。

特に通州事件は、その後のありもしない南京事件に使われたりするのでちゃんと知らなければならないと思っている。






< 閲覧注意 >





少なくとも【 三ヶ根山 】における憂国の情というものは、どこの教科書にも無いものであるし、自らの手で出向き自らの心で判断すべきものだと思う。



だからといって、ある抑えられない感情で、右いったり左に行ったりすることはバランスを欠いて事故ってしまう危険性をはらんでいる。

ましてや日の丸を掲げてデモ行進するなんて、、、、
同じ日本人として恥ずかしいと思える。






ただただ市居の人として、普通に生きていければ良い話である。







今、私達日本人にかけているのは、こういった教育であると思う。普通に歴史を知ることは大事であると痛感している。



何故、ちゃんとした歴史教育をしないのだ!という問題の根は非常に深い。




普通に日本人として生きておれば道は開かれる。
それだけ我が国の人々は優秀だと信じている。
























〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年09月17日

高校時代の同級生が、訪ねてきた。

同級生


高校時代の同級生が、訪ねてきた。
お久しぶりということで銀座で一杯飲んだのだ。
高校時代の思い出は、ほとんど無い。柔道やるか画を描くかしかやっていない。






群れるのが嫌いだったから、いつも一人だった。






「やぁ、久しぶり。」と言われてもあまり記憶にない。訪ねてきた同級生は、学級員だったので何とかおぼろげに記憶している次第だ。



「みんなお前が元気にしているか?と心配しているよ。」と、言われて中年になった同窓生の写真を見ても誰が誰なのか全く記憶にない。それ程、クラスに溶け込んでいなかった。


親の手前、ちゃんと登校はしたけれど、授業にはあまり出なかった。
だいたいプール横の芝生で寝ているか、本を読んでいるか、美術室にこもっているかだったと思う。



私が在籍した高校3年生のクラスは、みんな大変仲が良く頻繁に同窓会をやっているらしい。「帰ってきたら、みんなで飲もうよ。」といわれた。






同級生には悪いが、高校入学し、つくづく「学校選びを失敗した」と痛感した。



だから、ますます一人でいたいと思ったわけだ。

[ 莫迦を装うことを憶えた ]












卒業式にも出なかった。












何だか申し訳ない。。。。








今日は、締まらない話になった。。。





























〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年09月13日

遅い夏休み。

毒沢温泉神乃湯


夏休みを取っていないので、ちょっと休みを取りたくなり家族に一応話しかけてみた。

私「こんど夏休み取るけど、、、、温泉でも行かない?」
 (まぁ、当然一人で行ってきなよ。というのが家族の常套である。)

妻・娘「あっそ、じゃぁ〜一緒に行こうか!」


私「・・・・」
毒沢温泉神乃湯


と、いう意外な展開で今回は< 鶴見杯 >があるにもかかわらず、思い切って休暇を頂いて「海無し県の長野諏訪」に行くことにした。

泊まるところは、信玄の隠し湯と云われる「毒沢温泉神乃湯」
山梨県の増富温泉と同様に医者に見放された方々が、湯治するという有り難い温泉だ!

温泉水もちゃんと飲めるのが肝心な点。
毒沢温泉神乃湯

こういう温泉は、いつまでも日本文化に遺して欲しい部分です。







諏訪大社下社:万治の石仏


諏訪大社は、全国にある諏訪神社の総本山である。

諏訪神社の強みは、何といっても神様の力が強いと云われていたところ。
だから、有能な僧侶たちはこぞって自分の寺院の側に諏訪神社を作ったのだ。

今回じっくり見て思ったのは、やはり昔からいわれているように日本の旧勢力の怨念を封印した場所であるということだ。

怨念の封印の仕方は、実に良く出来ていて七年に一度「御柱祭」を設け、末世にも解かれないようにしている点だろう。


昔、この土地は日本を治めていた人々が住んでいたに違いない。











〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年09月05日

チンチンで遊ぶ。

チンチン


台風がやって来て、やっとの休みなのに何処にも行けず悶々としておりました。

山形の芋煮会取材は、内の山形出身の子が行ってくれることになり、本当に久々の休暇。

チンチンこの分じゃ何所も渡船していないし、「海でも見て憂さ晴らすか?」的な気分で地元周辺の海へ。

ちょっと海の方も揉んでいる感じがあり、遊びついでにちょっとだけと思いつつ糸を垂らすと、、、

元気に喰ってきたのは、チンチンさん。

一時の憩いに、心から感謝でした。


予定されていた「鶴見杯」も来週11日に延期になってしまった。
来週は、遅い夏休みで関東不在。
またまた大会に出られず終いだ。。。










〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜


昭庵の蕎明けて日曜日。
ショアジギングの本も買ったし、道具も揃えた。

後は、釣るだけなのだが如何せん台風の影響もあり何処へ行っても釣りはできないだろうと思い、ショアジギングが出来るであろう場所の下見に出掛けた。

途中、最高に旨い蕎を遠回りして食べたのだ。
【 昭 庵 】。

仕事で全国様々なところで、いろんな物を食べるけれど・・・

蕎と云えば、文句なしに山形とここ大磯の[昭庵]である。

山形は、遠いので食べられる機会が少ないが、大磯の昭庵なら比較的近いので絶品の蕎とうどんを食べたくなったら構わずに食べに行くところだ。

何の偏見なしに一度是非食べてみて欲しい。

文句なしに「まず、驚くと思う。」


宜しかったら、是非一度!!



ということで、久方の休日は大満足だったのである。
















〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年08月31日

チブサン古墳を行く。

葉山ボート


多忙な日々が続いている。
正直、「ロクに釣りにも行けない」日々である。

そんな狭間を狙って、先週の土曜日にボート釣りに出掛けた。

全く一年ぶりのボート釣り。

釣具もあれやこれやと忘れた物が多かったが、一時の満足を得ることが出来た。

良々。

アジ

生まれて初めて釣った、アジ♪〜〜



アジ

ボート釣りといえば、お刺身だぁ♪〜〜



海の恵みに感謝。









〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜


お米の花明けて日曜月曜は、熊本。


ほんの一月の間に、無農薬の稲は可愛い花をつけていた。
幼い頃によく見た記憶はあるけれど、大人になって改めてみると何だか可愛い花である。


この稲もまた一月もすると「収穫」の時期を迎える。


慌ただしく一年が過ぎていく。






チブサン古墳


取材も無事に終わり、ちょっとの時間を惜しんで「チブサン古墳」へ向かった。

古墳時代に作られた前方後円墳だ。
この6世紀から7世紀あたりは、朝鮮半島から済州島を経て多くの侵略者たちがやってきた時代だ。

その後この前方後円墳は、近畿へと移動していく。


以前も書いたが、農耕の民は統治能力が無い。

やって来た大陸の狩猟民族が、我が国を始めて統治したのだ。




そういえば、阿蘇を超えると「高千穂」があり、「日向」という国になる。

日本の神話には、この辺りに神が降臨したとある。

これを個人的に紐解いてみると、こうなる。



まず、「日向とは、日の向かうところ」と書く。
見ている人は、当然日の向かうところを見ているのだから「東」から見ているのだ。
侵略者は、東にいた。東とは、近畿から東(あづま)地方いわゆる関東だ。

彼らは、日の向かうところへ進軍していった。

そこには、まだ鉄を知らない未開の人々が住んでいた。
未開の彼らに対して、文明を持つ彼らは高千穂峰を指さしてこう言うのだ。

「我れこそは、あの高い山から舞い降りた神々の子孫である。」
(ここで絶対に自分が神であるとは言わない。ばれちゃうから♪)

未開の人間にとって、見たことの無い服と武器や装飾を見て腰を抜かしたに違いない。そのまんま信じてしまう。
そして、当時先進の薬で病気などを治したら「神」と崇めるのはあきらかだ。


チプサン古墳は、前方後円墳である。
前方後円墳は、マナの壺である。

彼ら狩猟の民は、地球の冷却化にともなって温かいところを求めて南下した。温暖であった地か(現在の吉林省)らどんどん南下した。

彼ら高句麗や百済の種族は、宗教(ネストリウス系景教=神道)も持ち込んだ。

福岡に降り立ち祇園(シオン)を造り、近畿に行ってまた祇園(シオン)を造った。



その後、仏教が伝来するけれど景教を土台とする我が国独自の仏教が出来ていく。


そんなとこじゃないかな?







次の週末は、山形の芋煮会に行く。




















〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年08月18日

おいら泣いちゃったよ。

おいら泣いちゃったよ。

ダメだよ。中年のおじちゃん泣かしちゃ。





何だよ!

えも言われぬ怒りが心の底から吹き上がってくるんだよね。


マイッタ・・!

・・・・















〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年08月16日

目まぐるしい一週間だった。

何とも目まぐるしい一週間だった。
こんなハードな取材行脚は、久しぶりだ。

まず、始発で宮城県古川に行った。


宮城県古川駅


  ↓

一通り、仕事を終えて、、、

一挙に岡山へ!

(東京まで新幹線で、岡山まで新幹線。岡山から美作落合まで準急・・・計9時間の長旅・・・鉄分過剰摂取!!)

岡山県美作落合駅

  ↓

明けて、、、

トルコ人らまざんさんが作るトルコパンを食べて、

らまざんさんのトルコパン

  ↓

大阪に向かい。
一つ仕事を片付けて、京都へ着いた。

  ↓


京都二条堀川

  ↓

京都に泊まり。

  ↓

八坂神社

  ↓

錦天満宮に行き。

  ↓

錦天満宮

  ↓

東京に一旦帰り。
  ↓
翌朝始発で山形へ。

  ↓

芋煮会の鍋

  ↓

9月4日から始まる芋煮会の鍋を観て、

やっと帰路についた。

  ↓

山形新幹線

何とも長い旅でした。

やっぱりワンカップ

















それにしても、、、ウ○テレビって悪意の固まりだなぁ。




ウ○テレビって悪意の固まり


ウ○テレビって悪意の固まり


何だか、「韓流ゴリ押し」とか言っているけれど、、、、、

そうか?
と、言いたい。

ドラマのガキタレに、原爆の名前の入ったTシャツを着せ、
同じ番組内で明らかに長崎の原爆を思わせるものを着せるのは、

ゴリ押しじゃ、なくて悪意だろう!と思うけど。

それを免許もらってる一テレビ局が公共の電波を使って発信しているところに問題があると思う。




まぁ、だからといって


変な人達と一緒になって、デモなんかはしないけど。

論点ずらすのは、頭の良い方々の常套手段ですから。
(しばし静観す。)























ウ○テレビって悪意の固まり







〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年08月08日

結婚式

鳥浜パイプ堤を眺める風景


この週末、甥っ子の結婚式があり釣りに行けなくなった。
甥の世代が、結婚するのだから僕も何だかんだと歳を取ってきたわけだ。

バナナ団の独身貴族の方々もそろそろ片付いて頂きたいと願うのだが〜♪山男に惚れるなよ!♪〜という唄があるぐらいで

〜♪バナナ男に惚れるなよ!♪〜
(ちょっと卑猥?!)

惚れる方も惚れられる方も変わった人になるんだろうなぁ。



今時の結婚式は、人前結婚式らしく。
神道の神々にもキリスト教の神にも誓うことをせず、見える人を前に誓うらしい。





「見えないものに誓うことをしないのは、何故なのだろうか?」

不謹慎ながら、式と披露宴の間中そんなことを考えていた。現代の人々は、「見えないものに依存するとか尊ぶ」という行為が出来なくなってきたようだ。

見えるもの、お金や人、財産、商売などに依存し、尊ぶようになってしまっていて、見えないものへの畏怖が薄れつつあって、人としての品や品格といったものが擦れてしまっている。



見えないものへの畏敬の念が、内面性の拡充や芸術・文化の高みへ繋がっているはずなのだが、ろくでもない人々の前で「誓い合う結婚」って、如何なものであろうか?

なんて思いながら今風の結婚を眺めていた。






〜〜〜〜






しんこのつまみやっと待ちに待った新子が、鮨屋に来た。

この新子(小肌の稚魚)は、やたらと値が張り鮨屋でも「もってけどろぼう」的な感じで原価割れ仕方なし!のネタ。

この新子が大好き!鮨屋泣かせである。

今年は、比較的遅かったように思う。

まぁ、銀座あたりの高級寿司店なら一月も前から置かれてあるのだろうが、一般庶民御用達の鮨屋は一月遅れが当たり前だ。


ん、、、やはり釣りネタが無いと締まらないなぁ〜〜




























〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年08月02日

山鹿大宮神社

黒鯛


翌日に「野島杯」を控え、九州へ出張に行かなければならない憂鬱。

今年は、黒房大会も野島杯も参加できない。

後は、鶴見杯黒研チャリティ釣り大会だけか、、、、

まぁ、それとてまた仕事でどうなるか分からない。

家族一番、仕事が二番と決めているから仕方ない。

ということで、バナナ人と海で戯れた。ショアジギングという海岸から狙えるルアー釣り為るものを知り、早速竿まで購入して勇んで出掛けたのだが、、、これから本番という時にあって大雨と雷に見舞われ即退散となった。

チャンチャン。。
(泣)



〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜


明けて日曜月曜は、熊本。


九州熊本はすっかり梅雨明けの真夏を迎えていた。


取材も無事に終わり、ちょっとの時間を惜しんで「山鹿大宮神社」へ向かった。

山鹿大宮神社

この山鹿大宮神社は、一見何ともない神社に見えるけれどたいそう古い神社である。
由来は、日本武尊(ヤマトタケル)の父である景行天皇が、九州の賊を討伐に来た時に陣(行宮<仮の御所>)を張った場所。
(九州で大人しく暮らしている者どもを単に「賊」と片付けるのは好きではないが、、)



まぁ、景行天皇といっても神話時代の方だから実在したかどうか分からない。本当だとすると察するに九州に残っていた縄文人の末裔を潰しにやってきたのだろう。




何故この山鹿大宮神社に行きたかったかというと、ここで行われる『山鹿燈籠祭』という変わった祭りに興味があったからだ。
山鹿燈籠祭燈籠を頭の上に載せ、舞い踊る様はとても綺麗で美しい。

以前から知ってはいたが、行けそうで行けない場所だった。


けど、、なんで頭の上なのよ?とつっこみを入れたくなるが、それはそれで日本は奇祭のお国柄であるので由とする。


ここ山鹿地方は、縄文人古墳が多く残っているところ。

次回も行くので、立ち寄れたらレポートしようと思う。




って、誰か読みたいのだろうか?












〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜









そういえば、取材から帰ってきたらかみさんから「フジテレビ酷い!!酷すぎる!」って怒っていた。

調べてみたら、、例のフジテレビの歪曲した報道にやっと目覚めたらしく、、、

世間様はようやく立ち上がったようだ。

みんな一斉に「ウジテレビ」と称して攻撃していた。






どうだって良いような気もするが、、、


しかし、よく見ると「やっぱりひどいな!」と思うのは、私だけではなかったようだ。



あの俳優さんは、韓流が酷いとか、韓国がどうのこうのと言っていない。

ただただフジテレビの放送の在り方にイチャモンをつけていただけだ。



可哀想に論点をずらされて、、干されたみたい。。。





偏向放送フジテレビ





偏向放送フジテレビ





偏向放送フジテレビ





偏向放送フジテレビ






偏向放送フジテレビ





http://blog.livedoor.jp/newskorea/







〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

2011年07月29日

銀座の空にUFOは、出るか?

銀座和光


銀座の空にUFOは、飛ぶか?

という話をしてみたい。



仕事柄、インターネットの世界に接する機会が多いのだが、、、

どうもネットのいわゆる住民という人達は、分からない人々が多い。
ちょっと可笑しな思想の持ち主が多いといえばよいのか?それとも思想煽動する人々が多いのか?判明できない。


・テロや災害があった現地にUFOが出てた、、とか


・この国は、もう放射能汚染だらけで住めない、、
 とか叫いている放射能ヒステリー系が多かったりする。
 (特に東日本が)


などなど騒いでいる人達のサイトを見ると両脇にエロイ画像やエロイアニメが貼ってあったりして「君たちの精神年齢大丈夫でちゅか?」と聞きたくなる。





その中で一番可笑しいと思うのが、お隣の国韓国朝鮮へのバッシングだ。まぁ、お隣の国も同様にバッシングしているのだから、お互い様といえば良いのだろうか。

昔から、何所でもお隣さんと上手くいかないのは世の常だから。

ノルウェー人は、ボルボに乗りたがらないと聞くし、、



もともと、我が国の殆どは朝鮮半島からやって来た人々だ。縄文の時代からこの国に住んでいる人なんて10%も満たない。いや、5%いるのだろうか?いやいない。

百済の王朝が7世紀に滅び、多くの移民がその時期にやって来た。藤原不比等系、島津系を始めとする侵略者達がやってきた。特に天武帝などは、そのまま乗っ取り「天皇」と称して未だに君臨している。


古代史犯罪同族が、同族を相哀れまず蔑み合っている世界がインターネットの世界だ。


歴史を見るとわかるように、侵略者達の勢力は土地も人も常に90%以上占領してしまう。

オーストラリアのアポリジーだって、

アメリカ大陸のネイティブインディアンだって、結果的に1割に満たない。




我が国と特に北朝鮮とは濃いと思う。
(詳しくいうと、遼東半島から以西の辺りから)

人種だって、会話(文法)だって基を正せば同根だ。




世界でも数少ない殷から続く末裔なのだから仲良くすればよいのに。。と勝手に思ってしまう。

何故に罵倒し合うのだろうか。








イルミナティカード日本銀座和光そんなネットの世界で騒がしいのが、イルミナティとかNWOとかっていうSFまがいの世界制服戦略な妄想系話である。

実際にそんな大それたことを企んでいるヤツらが存在するというのだから、さぁ!お立ち会い。


確かに、世界のお金を独り占めしようと思っているヤツらがいるのは確かだ。目に見えない世界(超世界)を信奉していた近代とは違い、現代は、世界が唯物的になったおかげで「目に見えるお金」が大変貴重な宗教的存在となった。





例えば、、、有名な話だが


日米決戦の米国側戦争省長官にウィリアム・ドレーパーというヤツがいる。

銀行ディロンの経営をやっていた男だ。

ディロンは、日本が兵器購入のためお金を借りていた銀行。

ディロンの親会社は、カーライルといい前ブッシュ米大統領一族が経営している軍事産業専門投資会社だ。

ブッシュ一族は、ハリマン銀行も経営しており、この時の取締役がロバート・ラヴェット。

コイツは、日米決戦における戦争省次官で、米国側の武器購入担当だ。

要は、ハリマン=カーライル=ディロンということである。


下層の米国軍人と日本軍が殺し合えば合うほど、彼らが儲かったという訳だ。

どんどん殺し合えば合うほどお金が儲かる仕組みだ。

全く嫌な話だ・・・


この嫌な話には、更に嫌なオチがある。

不思議なことにこの嫌なヤツ「ウィリアム・ドレーパー」日本敗戦後、奈良時代から下賜することが仕事である天皇様から『勲一等瑞宝章』をもらっている。
(嬉しいのか?!)





何だか話は長くなったが、、、




日本は311以降大変な事態に陥り、ノルウェーではテロが起き、ギリシャやイタリアは金融不安、アメリカは来月早々にデフォルトか?!と囁かれ始めている。

地震、
テロ、
金融不安、
経済破綻、

117、
911、
311、




宗教的存在まで上り詰めた「お金」が、起こす騒動にはUFOが飛ぶという。




8月2日あたりに飛ぶのだろうか????








銀座の街を歩くたび、空を見ている。









< くたびれたので終わる・・ >














この話、続きます。


多分。




〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜・>゜))))彡〜〜〜〜〜

<<前のページ                        次ページ>>

【 お勧め書籍 】

  • 卑弥呼の正体
  • パンツを脱いだサル
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • パンツを脱いだサル
  • ゆがめられた地球文明の歴史
  • シリウスの都 飛鳥
  • 天皇のロザリオ
  • 日本語の正体
  • 発酵マニアの天然工房
  • 日本語の正体
  • 孫崎享:戦後史の正体
  • 栗本慎一郎の全世界史

tokyobayisad2018:今年もやる!

黒研チャリティ大会
insta.png facebook.png twitter.png

Top