tanzaocom

太呂

往年のスターたちが凄いんです!

5月19日ヘチ釣り

さぁ!今年も来ました。
年に一回の爆釣シーズン。
確か去年も同じようなバクバクがありました。



この時を迎えると、いてもたってもいられないというのはこの事であります。
このほんの束の間の楽園が終わると・・・いつも通り川崎新堤に戻っていきます。

この時期を知ってか知らずか、、、本日は黒鯛神の川崎新堤例会。
参加させていただきました。



凄い使い手が居並ぶ中、まず釣果を出したのが押谷君。

凄ぇ〜カッケー

往年のスターたちが凄いんです!


オイラもひんぱんにアタリがあるものの、ハリ掛かりせず悪戦苦闘の後、
ようやく釣果を得ることができました。

往年のスターたちが凄いんです!
撮影:新澤 博人氏(誰?!)



往年のスターたちが凄いんです!




往年のスターたちが凄いんです!

何とか4つ釣れました。
2週連続川崎新堤五番会で竿頭〜
って、喜んでいる場合ではございやせん・・・



何と!黒鯛神の川崎新堤例会を征したのが、
郡さん。10枚
伊藤さんが、2位
山下会長が、4位だったかな?


往年のスターたちが凄いんです!

この釣りの凄いコトは、お年を召されても腕が落ちないこと。
つーか、、、磨きをさらにかけてるし。

頭が下がります。
引退の2文字は絶対に無いと確信した日でありました。

はい。



新【 黒鯛神ホームページ 】

釣りに行かしてもらうために・・・
せっせと家族サービス。

今回は、オイラの本格カリーなのだ。

見た目は悪いけど、、、
香辛料から練り上げた逸品です。

往年のスターたちが凄いんです!

これで難なく釣行をゲット!!
良かった良かった。

往年のスターたちが凄いんです!





特大の孔雀サボテンが、咲きました。
今年は、10個以上の蕾があります。
芸術品ですね。

往年のスターたちが凄いんです!


大好きな大好きなどくだみの花も日影に小さく咲いてくれました。
この花を見ていると、一篇の詩が書けそうです。

往年のスターたちが凄いんです!


版画教室2回目。
下絵を始めました。

往年のスターたちが凄いんです!




太呂

スーパー時合いに出会う

5月12日ヘチ釣り

日曜日の午後から川崎新堤に出社しました。

船着場は、真っ茶色に濁っています。
この濁りに期待したいのですが、沖に出ると海水が澄んでいることが多いので、ぬか喜びになることが多いです。


渡堤して午前中の状況を伺うと、早ちゃんが年無しを続けて2尾もゲットする偉業をやってのけていました!


片や一万円さんは、アタリは取るもののタモ入れまでに行かない状況らしい。





早速釣り始めると「ガッチャマンの火の鳥」の様な真っ赤に燃えたナオさんと遭遇・・・。

「今ここでアタリましたよ」と言いつつ、真っ赤な翼を広げて4番方向へ去って行きました。



何気に「そうなんだ、ここでアタリがあったんだ」ぐらいの気持ちで落とし込むと・・・
ん、、、
本当にアタリが・・・
でも、かかりません。

もう一度丹念に落とし込むと、乗ってきました。
今日の竿は、元径が9ミリのお手製和竿。
この極細和竿が、満月を描きながら水面に黒鯛を上げてきました。


早速、タモを急降下!
何と!タモアタック!

やってしまいました。(泣)
自らの手で、クロダイ放流してしまった。


気を取り直して、また落とし込むとアタリが・・・!?
ようやくゲット。


スーパー時合いに出会う


撮影:早乙女君氏

その後も落とし込めばアタルという状況が続きまして、、、

スーパー時合い。確変モードに!!

スーパー時合いに出会う

スーパー時合いに出会う

バラシ、すっぽ抜け、引き込みアタリなどを繰り返し、、、
タモ入れできたのは、3つだけ。


嬉しい嬉しい釣果になりました。
近くにいた上村さんもお見事な釣果。

2人でスーパー時合いを堪能しました。





祭りの後は、いつでも淋しいもので・・・

いつもと変わらぬ川崎新堤に戻りました。
まぁ、これが普通の景色ですよね。



最後にどでかいカンダイを釣った上村さん。
深ダナで引き込んできたようです。

スーパー時合いに出会う




科学忍法火の鳥と化した、真っ赤に燃えたナオさんですが・・・

終了間際に良型をゲットすることができました!!

良かった。良かった。

スーパー時合いに出会う


自宅に戻り、独り祝杯。そして、独り反省会。
この時間帯がたまらないですね。

スーパー時合いに出会う


ヒメヒオウギが、咲きましたよ。

スーパー時合いに出会う


トキワツユクサ(常磐露草)も幾何学的な花を咲かせています。

スーパー時合いに出会う




銅版画教室





今月から一月間、教室に通います。
以前からチャレンジしたかった銅版画。
横浜美術館でのワークショップ。

最高に楽しそうな時間がさらに増えますね。

銅版画教室



太呂

令和ゴールデンウィーク

5月06日ヘチ釣り

令和ゴールデンウィーク!

5月3日

実に長い長い連休が続いています。
日本人はこんなに長い時間お仕事しなくても良いのでしょうか?と、いいたくなる感がある連休です。単なるお仕事したくない役人のための休日のような気がしています。

さて、

令和に入り、まず見事な釣果を題したのは長嶺さん。
なんと!!!
令和元年初釣果。
第一投目。
お手製の和竿初おろしで入魂。


という何ともメデタイ釣果でありました。

令和ゴールデンウィーク



この日は、我が川崎新堤黒鯛釣り倶楽部会長の渡辺さんも絶好釣!
頭が下がります。

令和ゴールデンウィーク


ボーズが続いていたオイラでしたが、令和元年初釣果をいただきました。
動画を撮影してくれたのは、早乙女君。

オイラのやり取りの最中に走って近づいて来た渡辺会長・・・
「外れろ!!」
「頑張れクロダイ!」
の嬉しい声援を受け無事に獲れましたぁ。

早乙女氏撮影





5月4日

本日は、渡辺会長のお誕生日

黒友会の郡さんとの熱い抱擁がありました。
(閲覧注意・・・)

令和ゴールデンウィーク





あまり記憶が無いのですが、、、
(苦)


古田さんが、見事な釣果をあげました。

令和ゴールデンウィーク







カンダイを持ち帰って、早速お料理。
煮付けのカンダイは、最高の美味でございます。

令和ゴールデンウィーク



さらに、昨日の黒鯛の刺身もいただきまして。

一日置くとさらに旨みが増しますね。

令和ゴールデンウィーク





この夜は、バナナ団の尾張屋さんから送られてきた
ホンモロコをいただいたのであります!!

令和ゴールデンウィーク



塩焼きにしたホンモロコは、絶品!!!
一度釣ってみたい淡水魚です。

令和ゴールデンウィーク







5月6日



連休最終日です。


天気予報は、南風ブンブン!!

これは、川崎新堤に行きなさいという暗号です。

期待に胸が張り裂けそうです。
(嘘)


令和ゴールデンウィーク





早速、開始5分もしないうちに松本氏ゲット!!
最近、神がかってきましたね。

令和ゴールデンウィーク
登坂氏:撮影





渡辺会長は、本日3枚の好釣果!!

令和ゴールデンウィーク
松本氏:撮影






お仕事で忙しい、お久しぶりの田中御大も軽〜〜くゲット!!

令和ゴールデンウィーク
松本氏:撮影







オイラも何とか仕留められました。

令和ゴールデンウィーク



川崎新堤に行きなさいという暗号ですが、、、
潮が澄んでしまい・・・
嘘の暗号だったようです。

残念。



我が家の春は、真っ盛りです。

バイカウツギ(梅花空木)

令和ゴールデンウィーク


大輪ツツジ(鹿児島産の珍しいツツジ)

令和ゴールデンウィーク



ミツデイワガサ(三ツ手岩傘)

令和ゴールデンウィーク



大輪バイカカラマツ(大輪梅花唐松)

令和ゴールデンウィーク



紅花ツクバネウツギ(紅花衝羽空木)

令和ゴールデンウィーク



斑入り白花シラン

令和ゴールデンウィーク



ヒメウツギ(姫卯木)

令和ゴールデンウィーク



雑草だけど、、、イヌホウズキ(バカナスビ|有毒)

令和ゴールデンウィーク



チェリセージのミルクセーキ

令和ゴールデンウィーク











何といっても育てるのにもう何年もかかってた
霧島のミヤマキリシマ

ようやくたくさんの花をつけてくれました。

令和ゴールデンウィーク



小さな可愛い花が特徴です。

令和ゴールデンウィーク







義母の朝顔を植えました。
彼女が遺して早24年。
この朝顔が何年も紡いでいます。

令和ゴールデンウィーク


太呂

明けましてと春がきた

4月20日ヘチ釣り

ようやく執念の春がきました!

明けましてと春がきた

やっとやっと、、、やっとのことで、
釣果がでました。

今日もまったくダメだと思って諦めていたのですが、、、
何とか午後になって釣果を得ることができました。




ほっとしております。



ターゲットは、タナに居ると思い午前中からずっと二ヒロまで
5番から6番を回り、
そして、4番とじっくり攻めたのですが・・・
全くアタらずに終わり。


午後になってもダメダメな状況が続きました。



試しに底を狙った途端にツブが潰されており、
心して探ったところ、喰ってきました。

明けましてと春がきた




本日は、黒鯛サロンのメンバーが五人も揃っております。
プチ「黒サロ杯」の様相を呈しております。



明けましてと春がきた


そして、メンバー全員が釣果を出してくれました。
やっぱりみんな凄いですね!!

明けましてと春がきた



明けましてと春がきた



クロダイの空気抜きの技をダメ磯の押川さんが見せてくれました。
釣り上げて、ぷかぷか浮いているクロダイも
こうして空気を抜いて上げればまた元気に海に戻ってくれます。



今まで失敗続きでしたが、今回はちゃんと空気を抜いてくれました。



我が家では、春がそこかしこに訪れています。

エビネがその不思議なカタチをこの春も見せてくれました。

明けましてと春がきた



雑草だけど、大好きなヒメジョオン。

明けましてと春がきた



青花シラン。

明けましてと春がきた



春先にしか咲いてくれない・・・
大輪梅花唐松(バイカカラマツ)

明けましてと春がきた


太呂

続、さすがにヤバイのである

4月20日ヘチ釣り

春未だ来ず・・・

川崎新堤も温かな陽気に包まれて、皆の顔が緩んでおります。
そんな中、温か陽気に包まれても未だ正月が来ていないのは

僕なのであります。
続、さすがにヤバイのである

今日こそは!という覚悟で挑みました。

そんな焦りと緊張とが交差する中で、釣り始めて早々に結果を出したのが、またもやお松であります。


松ちゃん!格好いい・・・



続、さすがにヤバイのである




続、さすがにヤバイのである

小憎たらしいほど、絶好釣なのです。


「タロさん!ツブですよ。ツブで喰ってきますよ。」と
お松に教えていただき、さっそく真似をしましたぁ!
(汗)

続、さすがにヤバイのである







真似はするものの、、、
まったくアタリもせず、、、
かすりもしません。






そんな、オイラが探った後で丸さんの竿が曲がり、
見事な連ちゃん。

立て続けに2枚です!

続、さすがにヤバイのである

① まる1


確かその場所は、オイラがつい先程探った場所・・・・


② まる2


丸さん僕が探った場所で、またもやゲット!
ううう、、(涙)














と、いうことで、、、

終日、アタリボーズを喰らいましたぁ!





あまりにも釣れない僕に優しい健さんが、
「たまには家族に黒鯛を食わしてやりな。今時期の黒鯛は本当に美味しいよ。」

と、勧められ。
「いや、最初の魚はオイラが釣った魚を食べさせてやりたい。」
抗うこともできず・・・
いただきました。

続、さすがにヤバイのである

見事なお刺身。
黒鯛臭さがなくて最高でした。

続、さすがにヤバイのである









おまけ・・・明けて日曜日





川崎新堤五番会で未だ春がきていないのは、
以下の3名。
小林さん、登坂さん、オイラ。




その小林さんから、お昼にメールが・・・
添付写真を見ると、

続、さすがにヤバイのである

ま、まさかの黒鯛。
クロダイ・・・




やられたぁ!!!!
と、全身から冷や汗が流れました!





が、後程詳細を聞くと、
川崎新堤2番での釣果。

残念!失格

[川崎新堤五番会規定、二条、第三項釣果認定エリア](嘘)に従って、
4番ポール向こうの釣果は認めらません。

よって、釣果無しと判定されました。
実際は、2番に降りたのでアウト!









首の皮一枚、何とか残った次第です。
次回、土曜日に必ず結果を出します!!



それにしてもオイラより熱かったのは、
ナオさんかな。
触ると火傷しそうな雰囲気でした。



我が家では、どんどん春がきています。

チェリーセイジ
続、さすがにヤバイのである


白色タツナミソウ。雑草なのにこの美しさ!
続、さすがにヤバイのである


天智天皇が「宜なるかな」と宣り給ふた
ムベも咲きました。
でも、今年も実はつけないだろうな。

続、さすがにヤバイのである


太呂

阿呆の(すなど)

4月13日ヘチ釣り

さすがにヤバイのである


終日快晴、やや寒し。

オイラ的には、ちゃちゃっとクロダイを釣って、
キャンプと山登りに備えたいところである。

既に野では、山菜が採れ始めており
春の苦菜を食するに極めて良い季節なのだ。


が、しかしである。
恋すれば恋するほど・・・恋は叶うことなく、
焦れば焦るほど・・・愛しい人は彼方へ去って行く。

つー、、、感じで。


完全アタリボーズを喰らってしまった。

(焦)



そんな状況の中にあって、1人息巻いていたのは
なんと、、、、

3枚釣ったお松。

正直、かないません・・・
魚の釣り方教えてください。


阿呆の漁り




渡辺会長のようにいつでも楽しい釣りをしたいものである。







4月14日ヘチ釣り

見事な返り討ちにあう


明けて日曜日。

竹岡氏来堤。天気総崩れ(嘘)
甚だ寒し。




寝ても覚めても、何とやら・・・
ツー感じで、午後から川崎新堤に出社。
頭から湯気がいきり立っているのであります。

午後からの四時間弱。
近年希にみる真面目さで落とし込みました。

結果・・・


アタリボーズを喰らう・・・

(激焦)




見事な釣果を出したのは、
竹岡氏と早ちゃん。

早ちゃんが、帰船上、妙にニコニコしていたのは釣果があったからであります。

阿呆の漁り



平静を保つように心がけているものの・・・
かなりヤバイ状況にあります。

いやほんと、、、山登りどころの騒ぎでは無い。
嗚呼、どうしよう・・・


阿呆の漁り


春爛漫です。

覚さんから頂いた寒椿が、見事な花を咲かせました。
が、咲いた早朝に強風と大雨に見舞われて、
武士が最も嫌ったと云う、首落としに見舞われた。
残念。

阿呆の漁り

白山吹が咲きました。

阿呆の漁り

台湾シュンランがようやく咲いた。

阿呆の漁り



白雪芥子は、儚いばかりの美しさ。
我が家は、春爛漫。

春がきていないのは、オイラだけ。

阿呆の漁り



この20日には、「百閒忌」

どうも世の中が春めく頃のなると、、、
あまりにも強い生命力を方々から感じてしまい
クラクラするのであります。

なので、、、
山にでも出かけて、静養するつもりでいたのです。

阿呆の漁り

でも、、、黒鯛のことを考えると、、、
焦ります。



次ページ>>

【 お勧め書籍 】

  • 卑弥呼の正体
  • パンツを脱いだサル
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • パンツを脱いだサル
  • ゆがめられた地球文明の歴史
  • シリウスの都 飛鳥
  • 天皇のロザリオ
  • 日本語の正体
  • 発酵マニアの天然工房
  • 日本語の正体
  • 孫崎享:戦後史の正体
  • 栗本慎一郎の全世界史

 

 

Top