落とし込み原風景、鳥浜地続き
黒鯛落とし込みヘチ釣り

 


【 餌 学 】

エサを征する者は、クロダイを征す。とでも言いたくなるような大事な部分。

 

この項に関しては、大分古いデータになっております。
写真などを再撮影して、後日最新版をアップします。
それまでお待ちください。


ツ ブ

なんとか釣れた黒鯛のお腹の中は、なんだかんだといってもこのツブがいっぱい入っているわけだから、この餌に集中して落としています。
大きさは2〜4センチぐらいのを使用しています。特に柔らかい物を。
たまに小さなツブの赤ちゃんの固まりを使ったりしますが、なかなかアタリはあるけれど釣果にまでつながらなくて…。物の本によると、5センチ以上の物を使ったりするか他がいらっしゃるけど、どうなんでしょうか?

アタリは、止まるか、膨らむか、すっーと持っていく、いきなり持っていくなど。ほとんどが「止まるアタリ」です。この止まるアタリの時にいきなりバシッと合わせずに、キクような感じで合わせます。針との組み合わせにもよりますが、強いアワセは、禁物です。

何よりも一番大事なことは、針とガン玉とのバランスです。カニなどと違い、自分で動くことをしないので、自然に落としていくのがよいと思います。バランスが悪いと、くるくる回って落ちていきますので、警戒心の強い黒鯛は、食べません。自然に少しずつ落ちていき、落とした格好のまま、沈むのがベストです。

ツブ01

ツブ02

カ ニ

タンクガニやヒライソガニ、スナガニ、マメガニなどいろいろな種類があります。
早期の場合は、ヒライソなどを使用しますが、その時期に合わせて使えばいいのではないでしょうか。
刺し方も様々です。横掛け、尻掛けなどがあります。
僕がさしている方法は、尻掛けが多いです。この刺し方だとカニがパラシュートのように、
落ちていき、両足をバタバタさせながら落ちていく様が、黒鯛の興味を引くみたいです。
盛期になるとタンクを使用します。タンクの場合は、小さなものを使用しています。
もの凄く大きなサイズを使っている方もいますが、小さいサイズでも充分大物を狙えるので、
このサイズを好んで使っています。

アタリは、様々です。ツブの場合とほとんど同じです。
目立って違うのは、アタリの時にブルブルとふるえるアタリです。
多分ツブと違って、口に入れてみてからもう一度ちゃんと食するのだと思います。

虫 類

この餌は、もっぱら家族と行くときの必需品です。
とりあえず、五目釣りをして家族との団らんに集中したいから。
あんまり私だけ毎週釣りに行くのもはばかれるので
どこかに遊びに行くとしたら我が家は釣りにしています。
そうすることで私が、釣行出来やすくなるので。

エ ビ

エビも上記と一緒。
ちと違っているのは、寒い時期にこの餌でやって黒鯛が釣れるので真剣になってしまします。



Top